kooshinlab

現役ネットワークエンジニアが、ネットワーク運用で必要になった技術の記事を書くブログです。

【2/2】ルータ冗長プロトコルのVRRP/HSRPのグループ番号をMACアドレスから確認するPythonツールを作ってみた

f:id:KOOSHIN:20211017142257p:plain

ネットワークエンジニアにお馴染みのルータ冗長プロトコルである VRRP(Virtual Router Redundancy Protocol)とHSRP(Hot Standby Router Protocol)の グループ番号をMACアドレスから確認する方法を前回【1/2】で説明しました。

グループ番号重複事故の再発防止策として、MACアドレステーブルからVRRP/HSRPのグループ番号を抽出するチェック項目を追加するのは簡単です。

しかしながら、目GREPMACアドレスを見分けて、グループ番号を確認するのは困難を極め、事故が再発する可能性が高いです。

そこで今回はMACアドレスからグループ番号を抽出するPythonツールを作成してみました。

本記事では、作成したPythonツール(pyparsemactable)の簡単な使い方を説明いたします。

f:id:KOOSHIN:20211017142933p:plain
pyparsemactable

ダウンロード

Pythonツール(pyparsemactable)のWin10用実行ファイル(exe)は下記からダウンロードできます。

Pythonツール(pyparsemactable)のソースコードは下記からダウンロードできます。

使い方

ソースコードを実行するか、実行ファイル(exe)を実行すると、下記のような画面が立ち上がります。

f:id:KOOSHIN:20211017143400p:plain
pyparsemactableの使い方

使い方は非常にシンプルで下記の3 STEPで利用できます。

  1. 「入力欄」にshow mac address-tableの実行結果をテキスト形式で貼り付け
  2. 「抽出」ボタンをクリック
  3. 「実行結果」にCSV形式でルータ冗長プロトコル名やグループ番号等が表示

まとめ

付録